既卒 職歴なし 就職

 

 

大学3年生になると就職活動に向けた大学のセミナーが始まると思います。そこでは会社の探し方や志望動機の書き方など色々なことを指導されると思いますが、その中で私は「自己分析」が一番重要であると考えます。「自己分析」とは読んで字のごとく、自己を分析することです。自分は何が好きで、何をするとやりがいを感じられるのか。逆に何は嫌いだったり苦手なのか。印象に残ったことなど今まで自分が経験してどう感じたか、どうであったかを振り返ることです。

 

いったいこれが何の役に立つのか。就職活動始めの段階はよくわからないまま、参考書などを利用して始めた方が多いと思います。しかしこの自己分析を就職活動の段階でしっかりやらないと、後々会社に就職してから後悔することになります。そして会社に就職してから、「私がしたかった仕事はこれじゃない。」と感じ、その時に「自己分析をもっとしっかりやっておけばよかった。」と仕事をし始めてから気付く物なのです。自己分析とは自分が働く会社・仕事を選ぶ上で、自分の中の軸を定める物になります。

 

この軸を中心に会社を選び、なぜこの会社を選んだかというのが志望動機につながるのです。そして自分はこういった能力がありますということをアピールすることが自己PRになるのです。自己分析をきちんと行い、自分の軸がしっかりと定まった方は納得のいく就職活動ができるでしょう。逆に自己分析をおざなりにし、自分の考えではない参考書やインターネットで引用した志望動機や自己PRで就職活動を終えると将来的にその会社と自分のミスマッチに気付くことになります。そうならないために「自己分析」をしっかり行うことが重要なのです。